登山イベント「ミィケット音楽堂の門を登ろう!」

皆様は登山という言葉をご存知でしょうか?
エオルゼアでは、ジャンプやスプリントなどを駆使して、普段いけなさそうなところにたどり着く行為を登山とも呼ばれます。
それに魅了した登山家が一人、みんなが気軽に楽しく登山が出来ることを願って気まぐれにイベントを主催しています。

2016年10月25日にイベントは開催され、今回登山する舞台は
グリダニア旧市街、ミィケット音楽堂の門を登るとの企画となりました!
当日、スケジュールを調整して参加していただいた方々も来られ、いつもの集合場所である園芸ギルドから今回は徒歩で音楽堂まで向かい、そこから登山が開始されました。

今回の難易度は理解すればできるのだけど、主催者側でも上手く説明できないため、難易度はそこそこ高く、主催者含め皆さん必死に登ってましたw
それでも数分後にはすでに登頂された参加者もいて、「これもう、主催よりうまくね?」と思ってしまいましたw
中々登れないなか、登頂できた方々からアドバイスをもらったり、苦労をして挑戦を続けて甲斐もあって、続々と登頂できた方々も増え、時間をむかえましたのでイベントは終了となりました。

うーむ、ちょっと今回のは難易度が高かったため、無事登頂できた方はいつもより少なめでした。
ここからは私の反省となりますが、今回の登山は私もうまく登れる自信がないため、要領を上手く説明出来ず、参加者も苦労されたかもですね。
次回はもっとわかりやすい足場があってアスレチックみたいな感じで挑める場所にしようと考えてます。

また、難易度を考えても、音楽堂を舞台にした理由は、シーズナブルイベントによって飾りも変わるためです。
4月の誕生祭には卵が飾られたり、8月にはボムが飾られたりします。

この写真は、誕生祭の様子です。まだ一部なのでシーズナブルイベントが開催されたら覗いてみてもいいかもしれませんね。

登山イベントは気まぐれで具体的にいつ開催されるかわかりませんが、定期的に月一には開催されますので是非参加をお待ちします!
(Writer:Zunboy Chirryhoo)

Chaos Strike

オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のRamuhサーバを特集したweb情報誌 グリダニアの交流広場「RAMUH LINK」の活動や、サーバ内の活動にフィーチャーし、記者たちが体験取材したRamuhの魅力をここにお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000