イシュガルドを歩く...EWお出かけルーレットvol.7

本日も、記者行きつけのイベント「ダイスde勝負☆お出かけルーレット」のVol.7から、素晴らしいイシュガルドの景色と同道仲間のワンショットをお届けします!

ダイスde勝負☆お出かけルーレットとは?

PhotoLS「EorzeaWanderer」さんが主宰する誰でも参加型の定期開催イベントです。

お出かけ先はダイス勝負で決定!一番大きな数字を出した方の指定したフィールドへ行き、sayでお話しながら、歩いて走って飛んで散策して、景色を眺めたり、パシャパシャ撮影を楽しむイベントです。


なんと今回から、イシュガルドエリアも対象に!

もちろん三国エリアでも大丈夫なのですが、せっかくなのでダイス勝負で勝ったらイシュガルドエリアにしよう!と意気込んで参加しました。


イシュガルドのマップはとてもとても広い。

お出かけルーレットの時間はだいたい1時間くらい。

ここと、あそこと、あれを見て~と、勝てる保証もないのにばっちり計画してお出かけしたところ……なんとダイス勝負で勝利して、記者の行きたいところへいけることに!


というわけでして、

第7回目となる2016年10月8日のお出かけ先は「クルザス西部高地」


第七霊災で大雪と分厚い氷に閉ざされた地は、多くの人やドラゴン、大地の傷跡が、冷たく時を止めている場所でもあります。再建中のファルコンネストから北上し、ハルドラス像とブラック・アイアンブリッジを見学した一行は、ヘムロックへ。

林業が営まれていた集落ですが、無人の地となっています。

さらに北上し槍峡門へ。

手前には凍った湖に取り残されたノースター号があり、周辺や甲板を歩くことができます。

甲板から周囲を見ていたらふと灯りが見えました。誘われるままに近づいてみると波止場があり、そこには灯りを守っている人がいました。

光の戦士だけではない多くの人物に、語られたり、語られない物語が垣間見えるのがこの世界の魅力のひとつですね。


ダスクヴィジル周辺はまたいつか、ということで臥竜島へ到着。

夜がとても美しい島です。

そして最後のスポットに予定した場所へ向かう途中、まさか見れると思っていなかったオーロラに遭遇しました。

オーロラに導かれるようにして、レッドリムのあの場所へ。

クルザス西部高地は最初にマウントで空を飛べるマップです。

苦労して飛べるようになった喜びであちこち散策する方が多いのではないでしょうか。

人とドラゴンについて考えさせられる場所が多く、蒼天という、大きな物語へ導かれるような気配がしますね。


「ダイスde勝負☆お出かけルーレット」は、毎月1回開催されています(2016年10月現在)。都合によりお休みされている月もありますが、興味がおありの方はPhotoLS「EorzeaWanderer」さんの活動に注目してみてはいかがでしょうか♪

記者:レイヴン・パーピュア

Chaos Strike

オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のRamuhサーバを特集したweb情報誌 グリダニアの交流広場「RAMUH LINK」の活動や、サーバ内の活動にフィーチャーし、記者たちが体験取材したRamuhの魅力をここにお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000