エオルゼアを歩く...EWお出かけルーレットvol.4

本日は、記者行きつけのイベント「ダイスde勝負☆お出かけルーレット」Vol.4から、素晴らしいエオルゼアの景色と同道仲間のワンショットをお届けします!

このお出かけルーレットですが、記者はたびたび「お散歩!」と言っています。

それくらい、ゆっくり、ゆったり、のんびりと味わう小旅行なのです。


ダイスde勝負☆お出かけルーレットとは?

PhotoLS「EorzeaWanderer」さんが主宰する誰でも参加型の定期開催イベントです。

お出かけ先はダイス勝負で決定!一番大きな数字を出した方の指定したフィールドへ行き、sayでお話しながら、歩いて走って飛んで散策して、景色を眺めたり、パシャパシャ撮影を楽しむイベントです


第4回目となる2016年6月3日のお出かけ先は「西ザナラーン」

金槌台地の南西にあるシルバーバザーから、北西にある帝国軍事施設カステッルム・マリヌムまでかなりの距離がある広いマップです。見どころはたくさんあるのですが、今回はカステッルム・マリヌムを臨むウエストウインド岬を目指しました。


クレセントコーヴの波止場は、ウルダハ開始の光の戦士には馴染みのある場所ですね。

魚がおいしそうです……!

などとお腹を空かせている一方で、機工士の「タレット」を使ったSS撮影技術「写レット」をマスターしている方が、高所撮影や、光の戦士がたどり着けない場所からの撮影についてコツを伝授してくれていました。


波止場を堪能した一行は一路、ベスパーベイへ。

足跡の谷からベスパーベイまでの道では、時間帯によってはロロリト像が素晴らしい陰影を見せてくれます。陽が傾いた刻がチャンスです。お立ち寄りの際はお試しあれ。

ここで先ほど伝授された「写レット」による撮影風景を2枚。

機工士のレベル上げておいてよかった!と思う一瞬です。

ベスパーベイの踊り子も今日はいつもより賑やか。

景色を堪能していると、ゆっくりとか夜が明け……一向はウエストウインド岬へ。

ウエストウインド岬からは晴れ渡った美しい空と海、カステッルム・マリヌムを臨むことができました。


記者がこのお出かけルーレットに足繁く通う理由のひとつはもちろん、普段テレポでぱっといったり、マウントで駆け抜けてしまっている景色をじっくりと堪能できることなのですが、とっておきの理由は「みんなで出かけること」です。

景色の中にみんなが写り込むことで、そのとき(時間)も写すことができる。

同じ場所に、同じ時間に、何度いっても、それはみんな違う景色なのです。


「ダイスde勝負☆お出かけルーレット」は、毎月1回開催されています(2016年6月現在)

都合によりお休みされている月もありますが、興味がおありの方はPhotoLS

「EorzeaWanderer」さんの活動に注目してみてはいかがでしょうか♪

記者:レイヴン・パーピュア

Chaos Strike

オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のRamuhサーバを特集したweb情報誌 グリダニアの交流広場「RAMUH LINK」の活動や、サーバ内の活動にフィーチャーし、記者たちが体験取材したRamuhの魅力をここにお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000