おかえりなさいませ、お嬢様!オスッテバトラーの集い in Ramuh

「おかえりなさいませ、お嬢様!」 

執事たちに囲まれて一度は言われてみたい言葉ですよね?  


本日は、とあるお嬢様のわがままな願いをかなえるために、あるお屋敷のメイドが企画した、夢のような企画イベント「オスッテバトラーの集い in Ramuh 」が開かれました。

オスッテ執事がたくさん集う・・そんなイベントがあると聞いて、早速取材してきました。 


とある〇〇のお嬢様

写真に写っている人は、わがま…  いえ、 麗しく優しいお嬢様のろこぺこさんです。

凛とした立ち姿は、お嬢様っぽさを感じさせます。

そんなろこぺこさんが一声かけて、エオルゼア中のオスッテ執事が集まってきました。




ウルダハ ロイヤル・プロムナード

最初の会場は、時折ナナモ様によく似ている人を見かけると噂のウルダハのロイヤル・プロムナードで、ろこぺこお嬢様をお出迎えだそうで、早速、その会場へ足を運びました。


きゃー!!たくさんいるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~!?

あの眼鏡をかけている人、ちょーイケメン!!!

あの髭を生やしているオジサマ、素敵~~♡

※・・・あっ、これは取材ですよ?イケメンオスッテがいっぱいいるということを伝えるためですよ?


会場には、オスッテ執事が数十人くらい集まっていました。


オスッテ執事たち以外にも 他の多くの オスッテ好きのお嬢様 たちも 参加されていました。

そのお嬢様たちからも歓喜の声が挙げられていました。


そして、オスッテ執事たちがプロムナードの階段の両脇に並んで、お嬢様の登場を待ちます。

オスッテ執事の出迎えを受けながら、ついにお嬢様の登場ですっ!

その執事たちの眼差しに少し照れているような感じろこぺこお嬢様でした。



ロイヤルプロムナードでの最後は、ほかのお嬢様たちともご一緒に記念撮影していました。





リムサ・ロミンサ レストラン・ビスマルク

今度は、リムサ・ロミンサにある有名シェフがいるという、「レストラン・ビスマルク」へ会場が移されました。普段は多くの人たちが訪れるこのレストランは、この日はこのイベントのために貸し切りでした。

ろこぺこお嬢様から「ほかのお嬢様たちの給仕もしなさい」とおっしゃられ、オスッテ執事たちは、ほかのお嬢様たちへも給仕をしていました。


席に座ると、すぐに執事が現れて、オーダーだけではなく、世間話も付き合ってくれます。

気が付くと、たくさんの執事に囲まれていました!


もう幸せです!!わたしの執事として一人くらい連れていきたいっ!!

※ほかのお嬢様たちの気持ちになって取材をしないといけないから、あえてですよ?決して取材を忘れて楽しんでいるわけではありません。


多くのお嬢様たちも、イケメンオスッテ執事たちとの談笑を楽しんでいたようでした。



グリダニア カーラインカフェ

最後は、天井の綺麗なステンドグラスとミューヌさんの煎れてくれるハーブティーとアツアツのラノシアトーストがおすすめなカーラインカフェ。

ここもまた、本日限りの貸し切り執事喫茶です!ちなみに、ここの執事喫茶は、SSが撮り放題だそうです(笑)

お嬢様たちは、ここでも執事たちと談笑したり写真を一緒に撮ったりと、楽しんでいました。



集合写真では、執事たちが「敬礼」や「お辞儀」をしながら集合写真を撮りました。その動作が息を合わせたようにぴったり揃っていて、日ごろから執事をされている感じがしました。


ああ~~♥♥言葉遣いの良さ、仕草のかっこよさ、こんな執事たちにいつまでも囲まれていたいっ!!

※取材です!念のため!!


この後は、またまた楽しいおしゃべりタイム。

ほかのお嬢様たちも、思い思いのオスッテ執事たちと、おしゃべりを楽しんでいました。


園芸ギルド らむりん 

最後は、ろこぺこお嬢様の趣味全壊の写真撮影会で締めくくります。

執事たちは、いつもの執事服を脱ぎ捨てて、解放感あふれるウラエウススカートになります。

ピンクのスカートをはいてしまうあたりが、まじめな執事とのギャップ萌えを誘います!



たとえ服装に解放感があっても、お嬢様たちを喜ばせることを忘れていないところがオスッテ執事 たちです。お嬢様たちに鮮やかなラインダンスを披露をして、お嬢様たちを最後まで楽しませました。



とあるお嬢様のわがままによって開かれたオスッテバトラーイベント。

普段の冒険の疲れも吹き飛んで、さらに目の保養、心の保養にもなるこんなイベントに、たまのお休みを過ごすのもいかがでしょうか?


Reported by  紅葉音こまり

Chaos Strike

オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のRamuhサーバを特集したweb情報誌 グリダニアの交流広場「RAMUH LINK」の活動や、サーバ内の活動にフィーチャーし、記者たちが体験取材したRamuhの魅力をここにお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000