東ザナラーンの虹と、ハイブリッジの死闘

2016年4月8日、東ザナラーンのドライボーンにて。街の片隅に店を構える小さな酒場。薄暗く、普段は客もまばらなこの店を、レベル上げ中の少し懐かしい装備に身を包み、1人、また1人と訪れる冒険者たち。

やがて狭い店内は満員に……。

どうです、この、いかにも冒険者っぽい風景!

彼らの目的は、東ザナラーンの連続F.A.T.E.「ハイブリッジの死闘」。

ちょっとしたショートストーリー仕立てになっていて、途中の成功・失敗によって展開が変わるという特殊なF.A.T.E.です。これをみんなで遊ぼうという、プレイヤー主催の企画です。

このF.A.T.E.、1人や2人ではすべて成功させるのが難しく、挑戦するのは実は今回が初めてという方もいらっしゃいました。

人数が揃ったところで舞台となるハイブリッジへ移動。お目当てのF.A.T.E.が始まるのを待ちます。

雨が上がった後、何気なく空を見た誰かが気づいて教えてくれました。空に虹が!

エオルゼアでは限られたタイミングでしか見ることができない、珍しい景色です。

橋の眺望を楽しんだり、しばらくお喋りしながら他のF.A.T.E.で遊んだりしていると……始まりました、「ハイブリッジの死闘」!

このF.A.T.E.、まずは銅刃団と協力して襲撃してくる敵を倒しつつ、物資や市民をしっかり防衛しなければいけません。正面はもとより、建物の陰からもこっそり回りこんでくるキキルンたち。彼らの猫だましには要注意です。

ハイブリッジでの戦闘を制した勢いで、冒険者たちはそのまま敵のボス「人買のナヨク・ロー」を倒しに走ります!忙しい!

ボスを倒して無事F.A.T.E.を終え、初挑戦の人は「ハイブリッジの英雄」のアチーブメントを獲得。

やがて辺りも暗くなり始めました。エオルゼアの日が落ちるのは早いですね。

何人かが「F.A.T.E.に成功したから、ショップでミニオンを売ってるよ!」と声をかけてくれました。これは知らなかった人も多く、みんなで購入。

どちらかというと1人で旅をすることが多いエオルゼアのフィールドですが、仲間と一緒ならまた新しい発見があるかも。たまにはみんなでこんな冒険を味わってみるのも、楽しいものですね!


Writer:Brush Whitetail


Chaos Strike

オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のRamuhサーバを特集したweb情報誌 グリダニアの交流広場「RAMUH LINK」の活動や、サーバ内の活動にフィーチャーし、記者たちが体験取材したRamuhの魅力をここにお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000